「あいつの分まで頑張る」…日本を救った堂安律、負傷離脱の小川に捧ぐ2得点

「あいつの分まで頑張る」…日本を救った堂安律、負傷離脱の小川に捧ぐ2得点

イタリア戦で2得点を決めた堂安律 [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第3節が27日に行われ、U−20日本代表とU−20イタリア代表が対戦した。

 立ち上がりの3分、7分といきなり2失点を喫した日本だったが、22分に遠藤渓太のクロスから堂安律が決めて1点差とする。後半に入り50分、再び堂安が個人技でゴールネットを揺らし同点に追いつく。試合は2−2で終了。日本は勝ち点4でグループステージを3位となり、決勝トーナメント進出が決定した。

 試合後、2得点を挙げた堂安律がインタビューに応えている。

 率直な感想を問われると、開口一番「ホッとしています」と話した堂安。「立ち上がりはうまく入れず2失点してしまったんですけど、うまく立て直せて同点にすることができて良かったです」と続けた。

 1点目の場面について「遠藤選手がいいボールをくれたので、自分はなんとか足を伸ばしました」とコメント。そして、得意のドリブルで奪った同点弾については「あれは自分の特長なんで、ゴールできて良かったです」と振り返った。

 その2点目のゴールの後は、離脱が決定した小川航基のユニフォームを掲げた。「今まで一緒に戦ってきた仲間なんで、あいつの分まで頑張るという気持ちでピッチに立ったので、決勝トーナメントに行けてホッとしています」と心境を明かした。

 決勝トーナメント1回戦に向けては「また厳しい戦いが続くと思いますけど、しっかりとケアして次の試合に臨みたいと思います」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)