マンUのレジェンド、カントナ氏…テロ被害者に「心はそばにある」

マンUのレジェンド、カントナ氏…テロ被害者に「心はそばにある」

テロ被害者にメッセージを送ったカントナ氏 [写真]=NurPhoto/Getty Images

 かつてマンチェスター・Uで背番号「7」をつけてプレーした元フランス代表FWエリック・カントナ氏が、22日に起こったマンチェスターでの爆破事件に対してメッセージを発信した。イギリス紙『デイリーメール』が23日付で報じている。

 マンチェスター・Uで公式戦185試合に出場、82ゴールを挙げ、レジェンドの一人としても数えられるカントナ氏は、SNS上でテロ被害者に対して動画付きのメッセージを送った。イギリスメディア『ユーロスポーツ UK』が取り上げた動画の中には「私はこの悲惨な事件について深く考えている。小さい子供、若者、大人、家族、友達、すべての人のことを思っている」と自身の言葉で話している。

「街のことも考えている。マンチェスターに住み、この街を愛している人たちの事だ。イングランドを愛してくれている人たちのことも考えている。私はあなたたちと一緒に悩み、心はそばにいます。私はいつでも、あなたたちのことを思っています」と、テロについて深く悲んだ。

 また、『ユーロスポーツ UK』の『ツイッター』を引用して、マンチェスター・Uの公式アカウントが「エリック・カントナからのメッセージ。私たちの偉大なプレーヤー、誕生日おめでとう」とコメント。24日にカントナ氏が、51歳の誕生日を迎えたことについても触れている。

関連記事(外部サイト)