川崎が8強入りへ前進、鹿島と浦和はホームで逆転狙う/ACL・R16第1戦

川崎が8強入りへ前進、鹿島と浦和はホームで逆転狙う/ACL・R16第1戦

川崎が敵地で先勝、鹿島と浦和はホームでの逆転を目指す [写真]=VCG via Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のファーストレグが22日から24日にかけて各地で行われた。

 東地区では、日本勢3クラブがアウェイでのファーストレグに臨んだ。鹿島アントラーズは広州恒大(中国)と対戦。75分に右CKからブラジル代表MFパウリーニョに押し込まれ、0−1と完封負けを喫した。また、浦和レッズは済州ユナイテッド(韓国)と対戦し、0−2と敗戦。鹿島と浦和はアウェイゴールを奪えずに敗れ、ホームでのセカンドレグで逆転突破を目指す。

 一方、川崎フロンターレはベスト8進出へ大きく前進した。ムアントン・ユナイテッド(タイ)とのアウェイゲームで3−1と逆転勝利を収めている。

 また、上海上港と江蘇蘇寧の中国勢対決は、2−1でホームの上海上港が先勝した。

 一方の西地区では、前回大会準優勝のアル・アイン(UAE)が敵地でエステグラル(イラン)に0−1と完封負け。ホームでのセカンドレグで挽回を期すこととなった。

 ACLラウンド16ファーストレグの結果は以下のとおり(左側がホームチーム)。セカンドレグは今月29日から31日に各地で行われる。

▼東地区
広州恒大(中国) 1−0 鹿島アントラーズ(日本)
済州ユナイテッド(韓国) 2−0 浦和レッズ(日本)
ムアントン・ユナイテッド(タイ) 1−3 川崎フロンターレ(日本)
上海上港(中国) 2−1 江蘇蘇寧(中国)

▼西地区
アル・アハリ(サウジアラビア) 1−1 アル・アハリ(UAE)
ペルセポリス(イラン) 0−0 レフウィヤ(カタール)
エステグラル(イラン) 1−0 アル・アイン(UAE)
エステグラル・フーゼスターン(イラン) 1−2 アル・ヒラル(サウジアラビア)

関連記事(外部サイト)