マンC退団のサバレタ、ウェストハムへ移籍決定「成功を勝ち取れる」

マンC退団のサバレタ、ウェストハムへ移籍決定「成功を勝ち取れる」

ウェストハムに移籍したサバレタ [写真]=West Ham United via Getty Images

 ウェストハムは26日、アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタの獲得を公式HP上で発表した。

 サバレタは2008−09シーズンにエスパニョールからマンチェスター・Cに移籍。移籍初年度から公式戦42試合出場しており、今シーズンはベルギー代表CBヴァンサン・コンパニと並んでクラブ在籍期間が最長の9年目に突入していた。

 ウェストハムは公式HP上で「サバレタと契約できたことを嬉しく思います。我々にとって今夏の最初の補強です。アルゼンチン代表として国際経験豊富なサバレタと2年間の契約を結びました。素晴らしいディフェンダーとしても、尊敬されるリーダーとしても知られている同選手は、プレミアリーグのタイトルを2つも持っています。彼は私たちの成功の手助けをしてくれることでしょう」とアナウンスした。

 一方のサバレタは「ウェストハムの一員になれたことを、とても喜ばしく思います。私は楽しむためにこのクラブに来て、たくさんの成功を勝ち取れると思っている」とコメントした。

関連記事(外部サイト)