アーセナルが史上最多13回目のFA杯制覇! ラムジーの決勝弾でチェルシーを下す

アーセナルが史上最多13回目のFA杯制覇! ラムジーの決勝弾でチェルシーを下す

アーセナルがFA杯を制した [写真]=Getty Images

 FAカップ決勝が27日に行われ、アーセナルとチェルシーが対戦した。

 この一戦に勝てばFA杯優勝回数でマンチェスター・Uを抜き、単独トップに立つアーセナル。長期離脱中だったペア・メルテザッカーが、今シーズン初スタメンで3バックの中央に入る。前線はダニー・ウェルベックを頂点に、アレクシス・サンチェス、メスト・エジルという組み合わせとなった。対するチェルシーはエデン・アザールやジエゴ・コスタら不動の11名。リーグとの2冠を目指す。

 開始4分、アーセナルはサンチェスが自ら中央で仕掛けると、ダビド・ルイスのクリアを再び拾ってシュートを流し込む。チェルシーの選手たちはサンチェスのハンドを主張したが、審判団による協議の結果ゴールが認められた。



 その後も攻勢を続けるアーセナルは15分、エジルに決定機が訪れるも、ギャリー・ケーヒルがライン上で間一髪クリア。続く18分にはエジルのCKからウェルベックがヘディングで合わせたが、ポストに阻まれた。

 追いかけるチェルシーは28分、ジエゴ・コスタが抜け出したが、シュートはこの試合でスタメンに抜擢されたGKダビド・オスピナの好セーブに阻まれた。前半はアーセナルの1点リードで折り返す。

 後半に入り60分、チェルシーはネマニャ・マティッチに代えてセスク・ファブレガスを投入する。同点弾を狙いに行ったチェルシーだったが68分、エリア内で仕掛けたビクター・モーゼスが倒されたが、シュミレーションの判定が下される。モーゼスはこの試合2枚目の警告を受け、退場処分となった。

 それでも76分、途中出場のウィリアンのクロスからジエゴ・コスタが胸トラップからボレーシュートを突き刺し、1人少ないチェルシーが同点に追いつく。



 しかし、その直後の79分、途中出場のオリヴィエ・ジルーが抜け出し折り返すと、最後はアーロン・ラムジーが頭で押し込み、すぐさまアーセナルが勝ち越す。



 試合は2−1で終了。アーセナルが史上最多13回目のFAカップ制覇を達成した。

【スコア】
アーセナル 2−1 チェルシー

【得点者】
1−0 4分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
1−1 76分 ジエゴ・コスタ(チェルシー)
2−1 79分 アーロン・ラムジー(アーセナル)

関連記事(外部サイト)