「航基のユニフォーム取ってきて」…予兆を感じた堂安律、“あのシーン”の秘話を明かす

「航基のユニフォーム取ってきて」…予兆を感じた堂安律、“あのシーン”の秘話を明かす

イタリア戦で2得点を挙げた堂安律 [写真]=佐藤博之

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第3節が27日に行われ、U−20日本代表とU−20イタリア代表が対戦した。2点を先制される苦しい展開だったが、堂安律が2得点をマークする活躍で、試合は2−2で終了。グループDの3位が確定し、決勝トーナメント進出を決めた。

 反撃の一撃となる22分の得点について、堂安は「あれこそガンバ大阪で求められていたプレーというか、ワンタッチで点を取るというプレーは自分には今までなかったプレーなんで。それはちょっと求められていることができてきているのかなと。成長したところかなと思います」と語り、「ああいうゴールが一番簡単ですし、本当に足を伸ばして気持ちで決めたので。怖いところに入っていければ得点を量産できると思う」と続けた。

 圧巻の4人抜きドリブルで奪った同点弾については「自分の特長が出たところだし、市丸(瑞希)のパスがちょっと前に出してきたので『前を向け』というメッセージが込められていたと思う。そういうことかと思ってドリブルしました」と明かしている。

 2点目の直後、ベンチメンバーの元に駆け寄り、負傷離脱が決まった小川航基のユニフォームを掲げた。「画になるかなと思って(笑)」と笑わせたが、「試合前にユニフォーム飾ってへんなと思って、水飲む時に『航基のユニフォーム取ってきて』と言っていたんで。予兆はありました」と明かす。試合前、小川とは特に会話は交わさなかったという。「『いいところ持って行けよ』みたいな感じで話はしましたが、無駄に試合の話をしても辛いと思うので、無駄に話はしなかった。自分ができることはピッチで表現して、ああやって勇気付けることやと思うので、感動できるような試合はできたかなと思います」と胸を張った。

 次戦の相手はグループBを首位で通過したU−20ベネズエラ代表に決まった。「勝ちに行かないとダメなんで。だからこそ最初の失点というのはもったいなくなるから、チーム的にはあそこは集中していきたい。個人的には満足したら悪くなるので、本当にまだまだやぞって言い聞かせながらピッチに立ちたいと思います」と意気込んだ。

関連記事(外部サイト)