2試合連続フル出場の市丸瑞希「前向けというメッセージ」パスで堂安の得点を演出

2試合連続フル出場の市丸瑞希「前向けというメッセージ」パスで堂安の得点を演出

中盤で存在感を見せた市丸瑞希 [写真]=佐藤博之

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第3節が27日に行われ、U−20日本代表とU−20イタリア代表が対戦した。2点を先制される苦しい展開だったが、堂安律が2得点をマークする活躍で、試合は2−2で終了。グループDの3位が確定し、決勝トーナメント進出を決めた。

 ボランチのポジションで2試合連続フル出場を果たした市丸瑞希は、圧巻の4人抜きドリブルを披露した堂安律の2点目をアシストした。「フリーというのは見えていたし、あいつの力があれば全然あそこで仕掛けて点を取れると思ったし感じたので。あとは律次第ですけど、出した後は。前向けというメッセ―ジとして出しました」と振り返った。ゴールシーンについては「『おー、おー、おー、行ったなー』って感じでしたね。良いゴールでした」と称賛した。

 この試合でも、ガンバ大阪の育成組織からともにプレーする堂安と高連携を見せた。「律がどこで欲しいというのが、目を見た瞬間に分かるし、あとは出すか出さないか。自分次第ですけど、足下に付けてあげたり、ちょっとスペース置いて上げたりしたら、あいつはスピードもあるし、はがせる。まあ、そこからあいつはスルーパスも出せるし。やりやすいですね」と連携面では自信を覗かせる。「あいつが2、3人、最低2人くらいは引きつけてくれるので、大体自分がフリーになれる。自分がフリーで受けてサイドチェンジしたり、もう一回律と崩して行ったり。その時の判断ですけど、考えていますよ」と続けた。

 グループステージ3位となったが「突破できて良かった。1位で突破できたら、文句なしだったんですけど。これもW杯かなと感じですね」と市丸。「日本の武器である組織力、グループの力というのを見せられれば勝てると思う」と次戦のU−20ベネズエラ代表との一戦に向けて抱負を語った。

関連記事(外部サイト)