山村が1得点1アシスト! C大阪が神阪ダービー制し3連勝…暫定3位浮上

山村が1得点1アシスト! C大阪が神阪ダービー制し3連勝…暫定3位浮上

山村(中央)が1得点1アシストを記録した [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 明治安田生命J1リーグ第13節が28日に行われ、ヴィッセル神戸とセレッソ大阪が対戦した。

 29分、最終ラインのマテイ・ヨニッチがロングフィードを送ると、抜け出した山村和也がGKキム・スンギュとの一対一を制し、右足でゴールに流し込む。アウェイのC大阪が先制した。

 対する神戸は39分、バイタルエリア付近で細かくパスをつなぐと、最後は渡邉千真が相手DFを背負いながら反転シュートを放つ。このシュートが決まり、神戸が同点に追いつき前半を終える。

 後半に入り59分、C大阪は柿谷曜一朗に代えて水沼宏太を投入する。すると64分に山村のクロスに走り込んだ水沼がダイレクトボレーで合わせ、C大阪が勝ち越し点を奪う。

 試合は1−2で終了。神戸は公式戦2連敗で3試合勝利なし。C大阪はリーグ戦3連勝、公式戦5連勝で暫定3位に浮上した。

 次戦は31日、神戸は2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第7節でアルビレックス新潟とのアウェイゲーム。C大阪は来月4日にホームで新潟と対戦する。

【スコア】
ヴィッセル神戸 1−2 セレッソ大阪

【得点者】
0−1 29分 山村和也(C大阪)
1−1 39分 渡邉千真(神戸)
1−2 64分 水沼宏太(C大阪)

関連記事(外部サイト)