HSVで大役を果たした酒井高徳「メンタル面で成長できたのは一番の収穫」

HSVで大役を果たした酒井高徳「メンタル面で成長できたのは一番の収穫」

合宿に参加したDF酒井高徳 [写真]=野口岳彦

 日本代表は28日、6月に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選イラク代表戦の2試合に向け、海外組のみの合宿をスタートした。

 ドイツのハンブルガーSVに所属するDF酒井高徳は、11月に日本人として初めてキャプテンに就任した。「できればしたくはなかった」という厳しい残留争いの渦中でも、キャプテンとして「最低限いいプレーを味方に見せて、少しでも勢い付けられるようにっていうところは、いつも注意してやっていきました」と語る。そして、迎えたヴォルフスブルクとの最終節で見事な逆転勝利を飾り、ブンデスリーガ1部残留を果たした。「辛い状態でも自分のパフォーマンスをなるべく下げずにプレーできたのは一番良かったと思うし、メンタル面で成長できたのは一番の収穫でした」とシーズンを振り返った。

「帰ってきてからは3、4日オフをもらえたので家族と過ごしたり、自分なりのリフレッシュはしてきたつもり」だという。「合宿初日ということでケガをせずに全体合流までやることが一番大事。もちろんコンディションを作るのもそうですけど、張り切り過ぎず、気を抜き過ぎず、いいところでやりたいと思う」と今後の合宿を見据えた。

 また、GK川島永嗣(メス/フランス)やDF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)ら代表常連メンバーに加えて、初招集のMF加藤恒平(REC・ベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア)もこの日から合宿に参加。「大きなグループにいきなり入るよりは、小さなグループで少しづつ慣れていくのは非常に良いことだと思う。コミュケーションを取りずらそうにはしていないので全く問題ないと思いますし、これでチームとして上手く入って行けたら」と期待を寄せた。「加藤とは挨拶を交わした?」という質問が飛ぶと、酒井は「初対面の時に普通に挨拶はしました。『加藤です』、『酒井です』って感じでした(笑)」と明かしている。

関連記事(外部サイト)