ユーヴェ6連覇、ローマが2位…ミランは来季ELへ/セリエA最終節

ユーヴェ6連覇、ローマが2位…ミランは来季ELへ/セリエA最終節

ユーヴェが史上初の6連覇達成、トッティ(左下)はローマに別れ [写真]=Getty Images

 セリエA最終節が27日から28日にかけて行われ、今シーズンの最終順位が確定した。

 史上初の6連覇をすでに決めているユヴェントスは、敵地でボローニャに2−1と勝利。最終戦を白星で飾り、6月3日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝レアル・マドリード戦へ弾みをつけた。

 2位のローマはホームでジェノアと対戦。後半終了間際まで2−2と打ち合いとなった一戦は、アディショナルタイムにアルゼンチン代表MFディエゴ・ペロッティが劇的な決勝ゴールを挙げて3−2で終了した。勝ち点3を積み重ねて2位の座を死守したローマが、CL本戦出場権を獲得している。

 日本代表FW本田圭佑が退団を表明したミランは、敵地でカリアリに1−2と敗戦。後半アディショナルタイムに決勝ゴールを許して敗れた。本田はキャプテンマークを巻いてフル出場。ミランでのプレーに別れを告げた。なおミランは6位フィニッシュとなり、EL出場資格を手にしている。ユヴェントスがコッパ・イタリアを制している関係で、繰り上げで出場権を得ることとなった。

 7位のインテルはウディネーゼをホームに迎え、5−2と快勝。日本代表DF長友佑都はベンチスタートで、後半開始時からピッチに立っている。

 一方、残り1枠となっていた降格枠はエンポリのものとなった。第37節終了時点で18位だったクロトーネが、最終節でラツィオを3−1で撃破。勝ち点を「34」として17位に浮上し、最終節でパレルモに敗れたエンポリを抜いて残留を決めた。

■セリエA最終節結果
ボローニャ 1−2 ユヴェントス
アタランタ 1−0 キエーヴォ
カリアリ 2−1 ミラン
サンプドリア 2−4 ナポリ
ローマ 3−2 ジェノア
トリノ 5−3 サッスオーロ
インテル 5−2 ウディネーゼ
クロトーネ 3−1 ラツィオ
パレルモ 2−1 エンポリ
フィオレンティーナ 2−2 ペスカーラ

■セリエA最終順位

1位 ユヴェントス(勝ち点91)
2位 ローマ(勝ち点87)
3位 ナポリ(勝ち点86)※プレーオフから出場
==========CL==========
4位 アタランタ(勝ち点72)
5位 ラツィオ(勝ち点70)
==========EL==========
6位 ミラン(勝ち点63)※繰り上げでEL出場
7位 インテル(勝ち点62)
8位 フィオレンティーナ(勝ち点60)
9位 トリノ(勝ち点53)
10位 サンプドリア(勝ち点48)
11位 カリアリ(勝ち点47)
12位 サッスオーロ(勝ち点46)
13位 ウディネーゼ(勝ち点45)
14位 キエーヴォ(勝ち点43)
15位 ボローニャ(勝ち点41)
16位 ジェノア(勝ち点36)
17位 クロトーネ(勝ち点34)
==========降格==========
18位 エンポリ(勝ち点32)
19位 パレルモ(勝ち点26)
20位 ペスカーラ(勝ち点18)

関連記事(外部サイト)