「全力を尽くしたが」…伊紙、長友の積極性を評価も「具体性に欠けた」

「全力を尽くしたが」…伊紙、長友の積極性を評価も「具体性に欠けた」

最終節のウディネーゼ戦に出場した長友佑都 [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは28日、セリエA最終節でウディネーゼと対戦し、5−2で勝利を収めた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は試合後に各選手の採点を発表。後半開始からピッチに立った長友には「6」をつけ(最低1点、最高10点)、「ダイナミックで全力を尽くしていたが具体性に欠けた」と評価した。

 なお、インテルの最高点は2ゴールをマークしたイタリア代表FWエデルで、「7.5」の高評価がついた。

関連記事(外部サイト)