磐田のムサエフ、W杯予選に臨むウズベク代表招集「日本と共に本戦へ」

磐田のムサエフ、W杯予選に臨むウズベク代表招集「日本と共に本戦へ」

ウズベキスタン代表に選出された磐田のムサエフ [写真]=Getty Images

 ジュビロ磐田は29日、MFムサエフが2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選に臨むウズベキスタン代表に選出されたと発表した。同代表の活動期間は来月5日から13日の予定となっている。

 ムサエフは1989年生まれの27歳。Jリーグ初のウズベキスタン国籍選手として、今季から磐田でプレーしている。明治安田生命J1リーグ第13節終了時点で11試合出場2ゴール、JリーグYBCルヴァンカップではグループステージ第6節終了時点で1試合に出場した。

 ウズベキスタン代表選出にあたり、ムサエフは以下のようにコメントしている。

「今回、ワールドカップ最終予選の代表に選ばれて、大変光栄です。母国がロシアワールドカップ本戦に出場できるよう全力で戦ってきます。ジュビロ磐田の選手として、ワールドカップに出場することは僕の夢です。日本と同様にウズベキスタンも応援して下さい。僕も日本とウズベキスタンが共にアジア代表として、本戦に出場できることを願っています」

 なおウズベキスタン代表はW杯アジア最終予選第5節を終え、グループAの3位。2位の韓国代表に1ポイント差の位置につけている。6月12日の第6節ではイラン代表とのアウェイゲームに臨む。

関連記事(外部サイト)