ハリルの高い要求も成長の糧…久保裕也「とにかく勝利に貢献したい」

ハリルの高い要求も成長の糧…久保裕也「とにかく勝利に貢献したい」

日本代表合宿に参加している久保裕也(中央) [写真]=野口岳彦

 日本代表は29日、6月に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選イラク代表戦の2試合に向け、海外組の合宿2日目を行った。

 FW久保裕也は今シーズン冬にスイスのヤングボーイズからベルギーのヘントに移籍。新天地では半年間で公式戦17出場11得点とゴールを量産。ヤングボーイズ時代の12ゴールを含めると、今シーズンは通算23ゴールを挙げ、新たに欧州主要1部リーグでの日本人シーズン最多得点記録を打ち立てた。「スイスよりはプレッシャーのある中でやって、それに慣れてきたのはよかった。僕にとってはすごいプラスだったと思う」とベルギーでの戦いを振り返った。

 結果を出しているだけに、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からの期待も大きい。この日の練習前に話し合いを行っていたが、「いろいろ言われましたけど、全体的に見て自分のコンディションを上げろってことだと思う。もっと上下運動ができるようなトレーニングをもっとやっていけという感じでした」と明かした。

「チームと代表のスタイルは全然違うので、ここに来たらここの課題があるし、チームの時はチームの課題があると思う。こっちの方が守備も求められるし、監督からもゴール前に入って行く回数を増やせというのはすごく言われます」

 攻撃回数を増やすことを求める指揮官の期待に本人は結果で応えようと意気込む。「やっぱり監督が求めるレベルは高いので、そこに自分も応えていけるようにすれば、また成長できるかなと思う」と語り、「とにかく勝利に貢献したい」と3月の代表戦2試合連続ゴールに続く活躍を誓った。

 日本代表は6月7日に東京スタジアムでシリア代表とのキリンチャレンジカップを戦った後、イランへと向かい、同13日にアジア最終予選歳8節でイラク代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)