マンUのMFエレーラ、恩師が指揮官就任のバルサ移籍の噂を否定

マンUのMFエレーラ、恩師が指揮官就任のバルサ移籍の噂を否定

バルセロナ移籍が噂されたエレーラだが、チーム残留の意思を明確にした [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するスペイン人MFアンデル・エレーラが噂されるバルセロナへの移籍を否定したようだ。29日付でイギリス紙『テレグラフ』が報じた。

 ルイス・エンリケ監督が今シーズン限りで退団したバルセロナは新指揮官としてエルネスト・バルベルデ監督の招へいを決定。それに伴い、アスレティック・ビルバオ時代に指導をしたエレーラの獲得の噂が浮上。同クラブの今夏のトップターゲットと目されていた。

 しかし、エレーラ本人がこの噂を否定。マンチェスター・Uに残留する意思を明確にした。また、同紙によると、クラブは退団が濃厚とされる、現キャプテンのウェイン・ルーニーの後継者としてエレーラを慰留したいようだ。

 一連の報道により、クラブはあと2年を残すエレーラとの契約をさらに延長することを決意した模様。選手自身もこれに前向きなようで、残留は規定路線であると同紙は伝えている。

関連記事(外部サイト)