延長戦の末に敗退も…内山監督は選手たちを称賛「よく頑張ってくれた」

延長戦の末に敗退も…内山監督は選手たちを称賛「よく頑張ってくれた」

U−20日本代表を率いる内山監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 決勝トーナメント1回戦が30日に行われ、U−20日本代表(グループD 3位)とU−20ベネズエラ代表(グループB 1位)が対戦した。

 延長戦までもつれ込んだ一戦は、延長後半の108分にCKから失点を喫してしまう。この得点が決勝点となり、5大会ぶりのU−20W杯はベス16という結果に終わった。

 試合後、日本を率いる内山篤監督がインタビューに応えている。

 率直な感想を問われた内山監督は「残念です」と一言。続けて「選手たちは120分間、死闘のゲームをよく頑張ってくれた。ここまでに至る過程も非常によく頑張ってくれたと思います」と選手たちを称賛した。

 この一戦については「立ち上がりの守備を修正をして後半に持ち込むことができて、何度かいい時間帯もあったんですけど。残念です」と振り返った。

「やはりゲームのコントロールも含めていろんな状況は世界に出ないと分からないんで、そういう中でも選手たちは判断も含めていい方向に行ったと思います。ただ、最後のここだという時の精度というのは日本全体の課題だと思いますけど、少ないチャンスの中でも精度が上がるとゴールに結び付くのかなと。ただ、選手たちはよく頑張ってくれたと思います」と大会を総括した。

関連記事(外部サイト)