4戦3発でチームを牽引した堂安律「優勝を狙っていたのでここで負けて悔しい」

4戦3発でチームを牽引した堂安律「優勝を狙っていたのでここで負けて悔しい」

堂安のFKはクロスバーに阻まれた [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 決勝トーナメント1回戦が30日に行われ、U−20日本代表(グループD 3位)とU−20ベネズエラ代表(グループB 1位)が対戦した。

 延長戦までもつれ込んだ一戦は、延長後半の108分にCKから失点を喫してしまう。この得点が決勝点となり、5大会ぶりのU−20W杯はベス16という結果に終わった。

 試合後、4試合連続でスタメン出場を果たし、3得点を記録した堂安律がインタビューに応じている。

「僕たちが得点を取れなかったんで、僕たちの責任かなと思います」と堂安。直接FKがクロスバーを叩く場面もあったが、「結果的に0点なんで意味がないかなと思います」と振り返った。

 今大会については「個人的には3得点を取れましたけど、チームとしては優勝を狙っていたので、ここで負けて悔しいです」と総括。「この大会で出た課題をしっかりと反省して、次につなげていけたらなと思います」と今後を見据えた。

関連記事(外部サイト)