リヴァプール、チェルシーの19歳新星FWをフリーで獲得…個人合意と発表

リヴァプール、チェルシーの19歳新星FWをフリーで獲得…個人合意と発表

リヴァプールへの移籍が決まったFWソランケ [写真]=Getty Images

 リヴァプールは30日、チェルシーに所属するU−21イングランド代表FWドミニク・ソランケと移籍で個人合意に達したことを、クラブ公式サイトで発表した。

 同選手はチェルシーとの契約が今シーズン限りで満了を迎えるため、個人合意に達したことで今月7月1日からリヴァプールにフリーで加入することが決まった。

 現在19歳のソランケは、チェルシーの下部組織で育ち、2014年5月に行われたU−17欧州選手権でU−17イングランド代表のエースとして活躍。4ゴールで得点王となり、4年ぶり2度目のU−17欧州制覇に大きく貢献した。

 すると当時チェルシーを率いていたジョゼ・モウリーニョ監督(現マンチェスター・U)のもと、トップチームのプレシーズン合宿に帯同。同年10月18日のプレミアリーグ第8節クリスタル・パレス戦ではトップチーム初のベンチ入りを果たすと、同21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージのマリボル戦に途中出場し、トップデビューを飾っていた。その後、2014−15シーズンのUEFAユースリーグで全9試合出場12ゴールをマークし、得点王の活躍で優勝に導いた。

 翌2015−16シーズンにはフィテッセにレンタル移籍し、エールディヴィジ25試合出場7ゴールを記録。今シーズンはチェルシーのU−23チームでプレーしたが、トップでの出場はなかった。現在はU−20イングランド代表の一員としてFIFA U−20ワールドカップ韓国2017に参戦。グループステージで全3試合に出場し、1ゴールを挙げて決勝トーナメント進出に貢献している。

関連記事(外部サイト)