監督解任でドルトCEOが異例の声明「いつも意見が一致していたわけでは…」

監督解任でドルトCEOが異例の声明「いつも意見が一致していたわけでは…」

ヴァツケCEO(左)とトゥヘル氏(右)の間で意見の相違があったようだ [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは31日、トーマス・トゥヘル氏の解任についてクラブ公式サイト上で声明を発表した。

 ドルトムントは、DFBポカール優勝からわずか3日後の30日にトゥヘル氏の解任を発表。これを巡っては、同氏とヴァツケCEOら首脳陣との確執などが噂されていた。今回の声明では、解任に至るまでの経緯などが説明されている。

 まずヴァツケCEOは冒頭で「我々は、言葉で表すのが難しく、数文では振り返ることのできない難しいシーズンを終えたばかりです。我々に非常に深い影響を与えたシーズンでした」と綴り、シーズンを総括。そのうえで、「先週の土曜日にベルリンで本当に素晴らしい勝利を収めましたが、説明の必要なことがいくつかあります。そのため、公開文書で皆さんに直接語りかけるという通常では用いない方法を採っています」とこの声明が“異例”であることを強調した。

 同CEOはシーズン成績について、「2016−17シーズン、ドルトムントは8年連続で欧州カップ戦への出場権を獲得しました。ブンデスリーガでは最終節でブレーメンに勝利を収め、3位でシーズンを終えました。DFBポカールでは4年連続で決勝に進出。大会記録を作りました。カップをベルリンから持ち帰り、日曜日のパレードで皆さんにお見せすることもできました」と高く評価。さらに「言うまでもなく、トーマス・トゥヘル監督と彼のチームのおかげです!」と続け、トゥヘル氏の手腕に賛辞を送っている。

 そして、今回の解任劇についても言及。「一部ファンからの批判と理解不足がある」ことを明らかにし、以降で解任に至った経緯の説明がなされている。ヴァツケCEOは「トーマス・トゥヘル監督のもとで、ドルトムントは2年にわたり成功を収め、スポーツ面での目標を達成しました」と成績面での問題はなかったと主張。そのうえで「しかし、私たち、すなわちミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ダイレクター)と私は、この協力が必要な時期においてコーチングスタッフといつも意見が一致していたわけではありませんでした」と述べ、意見の相違があったことを明らかにした。

 これにより、「不幸ではありますが、現在のコーチ陣が信頼に基づく将来の成功への協力についての基盤を私たちに提供してくれるとはもはや信じられませんでした」と両者の信頼関係に亀裂が。「そのため、集中的に多くの議論を重ね、2016−17シーズンの終わりを超えてコーチングスタッフとの協力関係を延長しないことが最善の方法であると最終的に判断したのです」とし、今回の決定について理解を求めている。

 なお、後任監督についてはまだ発表されていないが、ニースを率いるリュシアン・ファーヴル氏が候補としてリストアップされているという。

関連記事(外部サイト)