鹿島が石井前監督の談話を発表「どうかこれからも鹿島を応援し続けて」

鹿島が石井前監督の談話を発表「どうかこれからも鹿島を応援し続けて」

石井前監督がコメントを発表している [写真]=Getty Images

 鹿島アントラーズは31日、同クラブの指揮を執っていた石井正忠氏の解任を発表した。これを受けて、鹿島の公式フェイスブックが同氏のコメントを掲載している。

 同クラブは、30日に行われたAFCチャンピオンズリーグ ラウンド16・セカンドレグで広州恒大(中国)を2−1で破って2試合合計スコアを2−2としたものの、アウェイゴール数で屈して敗退に。これにより、「今季の成績を総合的に考慮したうえで」同氏の解任が決定した。後任の指揮官には大岩剛コーチが就任する。

 石井氏は、「鹿島アントラーズに関わる全ての皆さまへ」というタイトルでメッセージを発表した。その内容は以下の通り。

「今季において最大の目標であったAFCチャンピオンズリーグのタイトルを獲ることができなかったこと、また、思うようなチーム作りができなかった事を大変申し訳なく思います。今シーズンにおいても常に勝利を重ねて優勝を目指す『強いチーム』そして、多くの皆様から支えられるような『愛されるチーム』を築こうと努力してきましたが、私の力不足で皆様のご期待に応えることができませんでした」

「2015年シーズン途中での監督就任から今日までの間、練習から一生懸命取り組んでくれた選手達、献身的にサポートしてくれたチームスタッフやクラブ関係者、私に関わってくれた全ての方々の力で、素晴らしい経験をさせていただきました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。特に、地域の皆さんをはじめとするファンやサポーターの方々には、選手時代から長年にわたり支えていただきました。そのことは決して忘れませんし、心より感謝しています。私自身はシーズン途中でこのクラブを去ることとなりましたが、どうかこれからも鹿島アントラーズを応援し続けていただければ幸いです。長い間、本当にありがとうございました」

 鹿島は次戦、6月4日の2017明治安田生命J1リーグ第14節でサンフレッチェ広島と対戦する。

関連記事(外部サイト)