仙台が首位通過、FC東京と3位浮上の札幌がPOへ/ルヴァン杯A組

仙台が首位通過、FC東京と3位浮上の札幌がPOへ/ルヴァン杯A組

3位浮上でPO進出を決めた札幌、先制弾を決めた福森晃斗 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 2017JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ最終節(第7節)が31日に各地で行われた。

 グループAの首位に立つベガルタ仙台はすでに全6試合を終えており、他クラブの結果を待つ状態。仙台と勝ち点「1」差、得失点差では「7」のリードを持つ2位のFC東京は、敵地で清水エスパルスと対戦した。引き分け以上で首位に浮上してノックアウトステージ進出を決めることができる一戦だったが、1−2と痛恨の敗戦。試合がなかった仙台がグループ首位でのフィニッシュを果たし、ノックアウトステージへ駒を進めた。

 FC東京は2位でプレーオフステージへ。そしてグループAの3位には、北海道コンサドーレ札幌が逆転で浮上した。ホームでの柏レイソル戦を2−1と制し、勝ち点を「10」に伸ばすと、前節終了時点で3位だったジュビロ磐田がホームで大宮アルディージャに1−2と敗戦。札幌が勝ち点「10」で3位に浮上し、プレーオフステージ進出を決めた。

■ルヴァンカップ グループA最終節
札幌 2−1 柏
清水 2−1 FC東京
磐田 1−2 大宮
※ベガルタ仙台は試合なし

■最終順位
1位 仙台(勝ち点13/得失点差0)
==ノックアウトステージ進出==
2位 FC東京(勝ち点12/得失点差+6)
3位 札幌(勝ち点10/得失点差+2)
==プレーオフステージ進出==
4位 磐田(勝ち点9/得失点差0)
5位 大宮(勝ち点8/得失点差+3)
6位 柏(勝ち点5/得失点差−2)
7位 清水(勝ち点3/得失点差−9)

関連記事(外部サイト)