マンチーニ氏がゼニト新監督に就任…初挑戦のロシアで結果を残せるか

マンチーニ氏がゼニト新監督に就任…初挑戦のロシアで結果を残せるか

ゼニトの監督に就任したマンチーニ氏 [写真]=Inter/Getty Images

 ゼニトは1日、新指揮官にロベルト・マンチーニ氏が就任することを発表した。

 今シーズンのロシア・プレミアリーグで3位に終わったゼニトは、5月27日にミルチェア・ルチェスク監督との契約解除を発表。複数のロシアメディアがマンチーニ氏の就任を報じており、契約合意は間近と見られていた。

 同氏はゼニトと3年契約を結び、さらに2年の契約延長オプションが設定されていることも同クラブが発表している。

 マンチーニ氏は現在52歳。これまではインテルやマンチェスター・C、ガラタサライなどで指揮を執ってきた。2014年11月にはインテルの監督に2度目の就任を果たしたが、2016−17シーズンの開幕前に解任。以降はフリーだった。選手時代から通じてこれが同氏にとって初のロシア挑戦となる。

関連記事(外部サイト)