C・ロナが史上初の5年連続CL得点王!…決勝2発でメッシ抜き最多6回目の快挙

C・ロナが史上初の5年連続CL得点王!…決勝2発でメッシ抜き最多6回目の快挙

試合後に胴上げされたC・ロナウド [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、史上初の5年連続チャンピオンズリーグ(CL)得点王に輝いた。

 C・ロナウドはグループステージ6試合でわずか2ゴールと出遅れたが、準々決勝のバイエルン戦では2試合で計5ゴールと量産。続くアトレティコ・マドリードとの準決勝ファーストレグではCL2試合連続のハットトリックを達成し、10ゴールに伸ばしていた。

 11ゴールのバルセロナFWリオネル・メッシに1点差で臨んだ決勝では、20分に先制点を挙げてトップに並ぶと、64分にも追加点を獲得。2ゴールで4−1の勝利に貢献し、史上初のCL連覇に導いて、自身も単独得点王に輝いた。

 CLでまた新たな記録を打ち立てた。C・ロナウドは12−13シーズンに12ゴール、13−14シーズンに17ゴールを記録し、14−15シーズンは10ゴールでバルセロナのネイマールとメッシと並んで得手王に輝いた。15−16シーズンは16ゴールで単独トップに返り咲いて、メッシが2008年から2012年に記録した4年連続に並び、今シーズンでCL史上初となる5年連続得点王の快挙を達成した。

 C・ロナウドはマンチェスター・U時代の08−09シーズンに初めてCL得点王に輝き、今回で最多6回目。CL通算140試合に出場し、歴代最多の105ゴールをマークしている。

 また、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式サイトによると、C・ロナウドは史上初となる3度の決勝でそれぞれゴールを決めており、先制点はレアルのCL通算500点目だった。

関連記事(外部サイト)