伊藤新監督の大宮、リーグ戦初陣はドロー…鳥栖に先制許すも江坂が同点弾

伊藤新監督の大宮、リーグ戦初陣はドロー…鳥栖に先制許すも江坂が同点弾

江坂の同点弾で大宮が追いついた [写真]=Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第14節が4日に行われ、大宮アルディージャとサガン鳥栖が対戦した。

 17分、鳥栖はセットプレーのチャンスを得ると、原川力のFKに趙東建が打点の高いヘディングで合わせ先制する。前半は鳥栖の1点リードで折り返す。

 後半に入り72分、大宮は岩上祐三のクロスを清水慎太郎がフリックすると、最後は江坂任が頭で押し込み同点とする。しかし、その後は互いに得点は生まれず、試合は1−1で終了。

 伊藤彰監督を迎えた大宮のリーグ戦初陣は、鳥栖と勝ち点1を分け合う結果となった。

 次節、大宮はアウェイでアルビレックス新潟と、鳥栖はホームでベガルタ仙台と対戦する。

【スコア】
大宮アルディージャ 1−1 サガン鳥栖

【得点者】
0−1 17分 趙東建(鳥栖)
1−1 72分 江坂任(大宮)

関連記事(外部サイト)