本田、日本代表での競争激化を歓迎…ポジション争いに「ワクワクしている」

本田、日本代表での競争激化を歓迎…ポジション争いに「ワクワクしている」

本田が代表での競争激化歓迎

本田、日本代表での競争激化を歓迎…ポジション争いに「ワクワクしている」

合宿で練習に励む本田圭佑 [写真]=元川悦子

 キリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦、FIFAワールドカップロシア アジア最終予選のイラク代表戦を控える日本代表は4日、千葉県内で合宿8日目を迎えた。1日から合宿に参加している本田圭佑(ミラン)が、取材に応じた。

 まずは今朝行われたチャンピオンズリーグについて「イタリアでプレーしたのでユヴェントスを少し応援していました。残念でしたね」とコメント。2ゴールをあげたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対しては「(C・ロナウドのことを知っている知人から)彼は元々才能溢れる選手じゃないことを聞きました。今の彼があるのは人並み外れた努力とトレーニングのおかげかと。本当に尊敬しています」と語った。

 日本代表に話を戻すと「シリア戦からしっかりとしたコミュニケーションが大事」と述べ、「(ヘントの久保)裕也にポジジョンを奪われているけど、非常に僕自身ワクワクしているし、チャレンジャーとして挑みたい。それにもっともっと競争が激しくならないといけない」と、成長著しい久保についても言及。ポジション争いは望むところだという。

 さらに来シーズンの自身の考えを聞かれ「イメージだけはしっかりしておく」と語った本田。日本国内でのプレーを望む声に「考えたことがないので答えられませんが…。どちらにしても自分が後悔しない選択をします。自分の決断に、ほどほどの期待をして待ってもらえればと思います」と自身の将来についても言及した。

 日本代表は7日に東京スタジアムでシリアとのキリンチャレンジカップを戦い、その後、13日にイランの首都テヘランにて、イラクとの最終予選に臨む。

関連記事(外部サイト)