モウリーニョ監督、モラタ譲渡ならば安価でデ・ヘア売却に応じる?

モウリーニョ監督、モラタ譲渡ならば安価でデ・ヘア売却に応じる?

レアル・マドリードが獲得を狙っているとされるデ・ヘア [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるモウリーニョ監督は、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア売却の代わりに同代表FWアルバロ・モラタの譲渡を望んでいるようだ。4日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 同メディアのスペインサッカーの専門家ギジェム・バラゲ氏によると、モウリーニョ監督はモラタを譲渡するならば、2200万ポンド(約31億円)でデ・ヘア売却に応じる意向であることを明らかにしたと伝えた。

 さらに同氏はツイッターで「モラタは(レアル)マドリードにとどまることを夢みていると話したが、退団することを考えている。今のところミランからは何もなく、マンチェスター・Uが獲得を目指しているようだ。チェルシーはモラタか(ロメル)ルカクの獲得を考えている。いずれにしろ、彼(モラタ)はプレミアリーグ行きを望んでいる」とモラタに退団の可能性があるとした。

 モラタは昨夏、レアル・マドリードと再契約をして復帰を果たした。今シーズンは20ゴールをマークするも、先発で使われる機会が少ないことに不満を抱えており、1年での退団を考えているとされている。同選手はプレミアリーグ優勝を果たしたチェルシーへの移籍を望んでいるとの報道もあり、今後の動向に注目が集まる。

関連記事(外部サイト)