代表初招集のGK中村航輔、先輩2人から刺激も「負けないように」

代表初招集のGK中村航輔、先輩2人から刺激も「負けないように」

自身初の代表トレーニングに臨んだGK中村航輔 [写真]=野口岳彦

 日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦に向け、試合会場となる東京スタジアムでトレーニングを行った。

 5月末から合宿を行っていた欧州組に加え、この日からは国内組のメンバーも参加し、26選手で調整を行った。代表初招集のGK中村航輔(柏レイソル)は、「初めての経験で非常によかったと思います」と最初のトレーニングを振り返り、「慣れていない場所ですのでいつものリズムではないですけど、しっかり自分自身はやっていきたいと思います」と続けた。

 また、川島永嗣(メス)、東口順昭(ガンバ大阪)の両先輩GKからも刺激を受けたようで、「日頃、間近では見れない選手ですので、このタイミング見れて良かったです」と話しつつ、「川島選手、東口選手ともにシュートを止める能力はすごいですけど、自分もなんとか負けないように頑張りたいと思います」と闘志を燃やしている。

 そして、所属する柏で好セーブを連発し、8連勝に大きく貢献している中村は「試合に出た時には、いつも通り結果を追い求めてやろうと思っています」と、代表のゲームでも平常心で臨むと意気込みを語った。

 日本代表は7日にシリアと対戦し、その後、13日に2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選でイラク代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)