U20ウルグアイ代表MF、ゴールパフォーマンスで人種差別か? 本人は釈明

U20ウルグアイ代表MF、ゴールパフォーマンスで人種差別か? 本人は釈明

疑惑のゴールパフォーマンスをしたバルベルデ [写真]=FIFA via Getty Images

 レアル・マドリードに所属し、現在開催中のFIFA U−20ワールドカップ韓国2017にウルグアイ代表として参加しているMFフェデリコ・バルベルデにある疑惑が浮上している。イギリスメディア『BBC』が6日付で伝えている。

 4日、U−20W杯準々決勝でポルトガル対ウルグアイの試合が行われた。50分に同選手がウルグアイに同点ゴールをもたらした場面、ゴールパフォーマンスの際に両手で目尻を引っ張るジェスチャーを行った。このジェスチャーは東洋人を差別する際に用いられるものであり、この行動により多くのバッシングを受けた。

 しかし、バルベルデはこの行為が人種差別を意図するものではないことを釈明。自身の『ツイッター』で韓国語による謝罪を投稿した。「これは人種差別のセレモニーではありません、友人への個人的なセレモニーです。私は意図的に人種差別はしません。申し訳ないです」とコメントした。

 また同試合の後に、ウルグアイ代表の何人かの選手がロッカールームで同じジェスチャーをしている。

 スペイン語圏では、目の細い人物を“チーノ”(中国人)と呼び、同じく“チーノ”と呼ばれている人物がU−20ウルグアイ代表に帯同、彼に向けたポーズだという。

関連記事(外部サイト)