香川所属のドルトムント、新監督は元Jリーガーのボス氏に決定

日本代表MF香川真司所属のドルトムント、新監督は元Jリーガーのボス氏に決定

記事まとめ

  • 日本代表MF香川真司の所属するドルトムント新監督に、ピーター・ボス氏が就任
  • ボス氏は昨夏からアヤックスを指揮、現役時代はフィテッセやフェイエノールトで活躍
  • 1996年から1998年まではジェフユナイテッド千葉(所属当時は市原)でプレーした

香川所属のドルトムント、新監督は元Jリーガーのボス氏に決定

香川所属のドルトムント、新監督は元Jリーガーのボス氏に決定

日本でプレーした経験を持つボス氏 [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは6日、新監督にピーター・ボス氏が就任したことをクラブ公式HPを通じて発表した。

 現在53歳のボス氏は昨夏からアヤックスを指揮。2019年6月30日までの3年契約を結んでいたため、ドルトムントは今回の獲得にあたり、およそ300万ユーロ(約3億7500万円)を支払うことになると現地では報じられている。ドルトムントとの契約期間は2019年6月までとなる。

 アヤックスは5月24日に行われたヨーロッパリーグ決勝戦でマンチェスター・Uに敗れたものの、準優勝。2016−17シーズンのエールディビジではフェイエノールトと勝ち点「1」差で惜しくも2位となったが、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。若手の積極的な起用が功を奏し、ボス氏は就任1年目から結果を残していた。

 現役時代はフィテッセやフェイエノールトなどで活躍したボス氏。1996年から1998年まではジェフユナイテッド千葉(所属当時は市原)でプレーするなど、日本人にとっても身近に感じる経歴を持つ。その後、一度は欧州に戻ったが、1999年に再び千葉に加入し、シーズン終了後に現役を引退。引退後は指導者の道を歩み、オランダでキャリアを積んだ。ヘラクレスではFW平山相太(現ベガルタ仙台)、フィテッセではFWハーフナー・マイク(現ADOデン・ハーグ)を指導していた。

 ドルトムントはDFBポカール優勝から3日後の5月30日に、2シーズン指揮を執ったトゥヘル監督の退任を発表。2016−17シーズンはブンデスリーガを3位で終えていた。

 

関連記事(外部サイト)