森重不在のDF陣…昌子は平常心でアピールへ「鹿島でやっている通りに」

森重不在のDF陣…昌子は平常心でアピールへ「鹿島でやっている通りに」

センターバックの定位置獲得へアピールしたい昌子源(中央) [写真]=野口岳彦

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦に向け、試合会場となる東京スタジアムでトレーニングを行った。

 5月末から合宿を行っていた欧州組に加え、5日からは国内組のメンバーも参加し、26選手で調整を実施。練習後、鹿島アントラーズのDF昌子源が抱負を語った。
 
 今季の明治安田生命J1リーグでフルタイム稼働を続ける昌子。ゲームキャプテンを務めるなど、チームリーダーとして鹿島を支えている。代表での活躍に向けて「特に今回はセンターバックに森重(真人)くんが選ばれてないので、槙野(智章)くん、僕、(三浦)弦太で常に準備はしてきているし、ハッキリ誰が出るとは正直、言われてるわけではないので何とも言えないですけど、自分自身しっかり準備をしてきているので、特に変わったことをする必要はないのかなと。今まで、Jリーグでやってきたことをそのまま出せばいいのかなと。変にアピールとかそういうのは必要ではないのかなと」と、“平常心”でのプレーが重要との考えを明かした。

「平常心でいつも通り、Jリーグで鹿島でやっている通りにやれば、それが自然とアピールになると思っています。自分がJリーグでやっていることにすごい自信を持っているので」

「ハリルジャパンは初めてではないですし、ハリルさんのやりたいサッカーもある程度は理解しています。鹿島とやっぱり違うので、そこは難しいところかなと思うんですけど、“しっかり切り替えて代表の方に”という気持ちはあるので」

 クラブで充実のプレーを見せている昌子、代表でも定位置獲得なるか。パフォーマンスに注目だ。

関連記事(外部サイト)