スペインとコロンビアの一戦は2−2…87分にモラタが同点弾を決める

スペインとコロンビアの一戦は2−2…87分にモラタが同点弾を決める

終了間際に同点弾をマークしたモラタ [写真]=Getty Images

 国際親善試合が7日に行われ、スペイン代表とコロンビア代表が対戦した。

 スペイン代表は、ホセ・マヌエル・レイナ(ナポリ)がゴールマウスを守る。前線にはペドロ(チェルシー)、ダビド・シルバ(マンチェスター・C)、イアゴ・アスパス(セルタ)の3名が入った。3日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝に出場したセルヒオ・ラモス、ダニエル・カルバハル、イスコのレアル・マドリード勢はベンチ入りしていない。

 一方のコロンビア代表は、CL決勝で退場処分を受けたフアン・クアドラード(ユヴェントス)やハメス・ロドリゲス(レアル・マドリード)が先発出場。前線ではラダメル・ファルカオ(モナコ)のゴールに期待が懸かる。

 試合を先に動かしたのはスペインだった。22分、ペドロが右サイドからクロスを入れると、これをシルバが合わせて先制に成功する。しかし39分、コロンビアはスペインのミスからエドウィン・カルドナ(パチューカ)がゴールを奪い、同点に追いついて試合を折り返した。

 55分にはコロンビアが試合をひっくり返す。J・ロドリゲスの右CKをファルカオが頭で合わせ、逆転した。このまま試合終了かと思われた87分、スペインが同点に追いつく。サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリード)のクロスをアルバロ・モラタ(レアル・マドリード)が決め、試合を振り出しに。試合はこのまま終了し、2−2のドローとなっている。

 次戦、スペイン代表は11日に2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選でマケドニア代表と、コロンビア代表は13日に国際親善試合でカメルーン代表と対戦する。

【スコア】
スペイン 2−2 コロンビア

【得点者】
1−0 22分 ダビド・シルバ(スペイン)
1−1 39分 エドウィン・カルドナ(コロンビア)
1−2 55分 ラダメル・ファルカオ(コロンビア)
2−2 87分 アルバロ・モラタ(スペイン)

関連記事(外部サイト)