イタリア、エデルらのゴールで3−0勝利…ウルグアイの攻撃陣は不発

イタリア、エデルらのゴールで3−0勝利…ウルグアイの攻撃陣は不発

ウルグアイとイタリアの一戦はイタリアに軍配 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が5日に行われ、イタリア代表とウルグアイ代表が対戦した。

 イタリアはGKジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)を休養させ、18歳のジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)を起用。ウルグアイのFWルイス・スアレス(バルセロナ)、エディソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)は招集外となっているため出場していない。

 前半7分、ウルグアイDFホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリード)のクリアが自らのゴールネットを揺らし、オウンゴールとなってイタリアが先制した。その後試合は拮抗し試合は終盤へ。82分、途中出場のイタリア代表MFエデル(インテル)がヘディングで追加点を上げる。そして92分、同代表FWステファン・エル・シャーラウィ(ミラン)がPKを獲得すると、PKをMFダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)が右足で沈めて試合を決定づけた。デロッシはこれが代表通算21得点目。3−0で試合は終了した。

 イタリアは11日に、2018 FIFAワールドカップロシア 欧州最終予選G組でリヒテンシュタインと対戦する。

【スコア】
イタリア代表 3−0 ウルグアイ代表

【得点者】
1−0 7分 O・G(イタリア)
2−0 82分 エデル(イタリア)
3−0 92分 ダニエレ・デ・ロッシ(イタリア)

関連記事(外部サイト)