初めての代表戦となった中村航輔、出番はなくとも「一歩踏み出した」

初めての代表戦となった中村航輔、出番はなくとも「一歩踏み出した」

代表初招集の中村がコメントを残した [写真]=野口岳彦

 キリンチャレンジカップ2017が7日に東京スタジアムで行われ、日本代表とシリア代表が対戦した。

 13日に控えるFIFAワールドカップロシア アジア最終予選・イラク代表戦を見据えた一戦は、後半立ち上がりの48分に先制点を許す苦しい展開。それでも58分、長友佑都のクロスに今野泰幸が押し込み同点に追いつく。しかし、最後まで勝ち越し点は奪えず、“仮想・イラク”戦は1−1のドローに終わった。

 今回日本代表に初招集されたGK中村航輔(柏レイソル)。初の代表戦で自身の出番はなかったが「初めてのことに一歩踏み出したという感じ。少しずつ前に進めているかなと思います」と語り、確かな手応えを滲ませた。

 GK川島永嗣(メス)のことを「いつも見ている」という中村は、トレーニングについて「ワンランクもツーランクも上なので、そこに何とか自分もいければと思います」と話し、「実際に試合をベンチから見て、ステージが上がれば上がるほど出たい気持ちは強くなるもの」とポジション奪取へ意気込みを語った。

 初のW杯最終予選には「初めてのものに対して不安や、緊張というのはつきものだと思っています」と話したものの、緊張と楽しみは「半々くらい」であると明かした。

 日本代表は13日に2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選でイラク代表と対戦する。 

関連記事(外部サイト)