最優先は香川の契約延長…ドルトムントSD「我々の希望はシンジの長期残留」

最優先は香川の契約延長…ドルトムントSD「我々の希望はシンジの長期残留」

ドイツ杯優勝に貢献した香川真司。ドルトムントとの契約延長の交渉が行われているようだ [写真]=Getty Images

 来シーズンに向けて、すでにトルコ代表DFエメル・トプラク、U−18フランス代表DFダン・アクセル・ザガドゥ、U−21ドイツ代表のMFマフムド・ダフードとFWマキシミリアン・フィリップを獲得し、必要に迫られていたポジションの穴埋めに成功したドルトムント。次のタスクとして現在最上位に位置しているのが、日本代表MF香川真司との契約延長だという。ドイツ誌『kicker』日本語版が8日に伝えた。

 7日行われたキリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦で左肩を脱臼した香川。マンチェスター・Uでの不遇の2年間を過ごした後に、再びドルトムントに復帰したものの、なかなか以前のような活躍を見せられずにいたが、今シーズン終盤戦では再びかつての輝きを取り戻していた。

 ドルトムントとの契約は2018年まで残されており、仮に今回延長に応じなければ、来夏にフリーで手放すことになるか、それとも今夏に売却をするのかという選択を、クラブは迫られることになる。

 スポーツ・ディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏は、DFBポカール優勝後に香川の代理人を務めるトーマス・クロート氏との話し合いを行ったことを認め、「我々の希望は、シンジがここに長くとどまることだ」との考えを明かした。

 なお、6日にはかつてJリーグのジェフユナイテッド千葉にて2度に渡り在籍したピーター・ボス氏が新監督に就任。オランダ人指揮官は流暢なドイツ語で会見に応じていたが、言語能力に長けた新指揮官ならば、もしかすると日本語で香川と理解を深められるかもしれない。

関連記事(外部サイト)