ボヌッチ、チェルシーから破格のオファーを受けるも…ユーヴェ残留へ

ボヌッチ、チェルシーから破格のオファーを受けるも…ユーヴェ残留へ

高額オファーもボヌッチはユヴェントスへ残留の見込み [写真]=Getty Images

 チェルシーなど多数クラブからのオファーが噂されるイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、ユヴェントスに残留に近づいていることが分かった。イタリア・メディア『メディアセット』が8日に報じている。

 ボヌッチは、チェルシーから700万ユーロ(約8億5000万円)もの年俸を提示されたと見られる。マンチェスター・Cやマンチェスター・Uなど、複数のプレミア勢が獲得に関心を強めていることが明るみに出ていたが、ユヴェントスに残留する運びとなった模様だ。ボヌッチが、ユヴェントスの幹部と会談を行い、クラブからチームの中心的役割を担って欲しいと伝えられたことで、残留を決意したものと見られる。

 チェルシーは、2016−17シーズンの夏にもボヌッチの獲得に動き、今回も5000万ユーロ(約61億円)を超えるオファーを提示。破格の条件で獲得に迫っていたが、ユヴェントスへ残留が決まりそうだ。

関連記事(外部サイト)