大分、FW林容平の負傷離脱を発表…右肘関節脱臼で全治約8週間と診断

大分、FW林容平の負傷離脱を発表…右肘関節脱臼で全治約8週間と診断

全治約8週間と診断された林 [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 大分トリニータは8日、FW林容平が負傷したことクラブ公式HPにて発表した。

 林は、6月3日に行われた明治安田生命J2リーグの第17節、水戸ホーリーホック戦にて負傷。大分市内の病院で検査を受けたところ右肘関節脱臼と診断され、全治は約8週間かかる見込みとされる。

 同選手は今季、FC東京から大分へ移籍。明治安田生命J2リーグで10試合出場1得点を記録している。

関連記事(外部サイト)