ドルトムントの新監督、Jリーグ時代にチームメイトだった現役選手は誰?

ドルトムントの新監督、Jリーグ時代にチームメイトだった現役選手は誰?

ドルトムントのボス新監督 [写真]=Getty Images

 昨日発表されたドルトムントの監督人事。

 トーマス・トゥヘルの後任に選ばれたのは、アヤックスをヨーロッパリーグ準優勝に導いたピーター・ボスだった。

 そんなボスは1963年生まれの53歳で、現役時代にはオランダ代表MFとして活躍。クラブチームではフィテッセやフェイエノールトの他、ジェフユナイテッド市原・千葉でもプレーした経験を持つ。

 ボスがジェフに在籍したのは1996年、1997年、1999年。結果的に1999年に千葉で引退するのだが、3シーズンにわたって計40試合以上に出場した。

 ボスが日本でプレーしていたのは15年以上前の話であるが、当時のチームメイトには今でも第一線で活躍する選手がいる。それが浦和レッズMF阿部勇樹である。

 背番号「29」をつけて迎えたプロ2年目はJ1で30試合に出場するなど主力としてシーズンを戦ったのだが、この時にボスとともにプレーしている。

 加入当時ボスは36歳で、阿部は17歳。両者は年齢が大きく離れているが、何度も同じピッチに立っている。

 ドルトムントはこの夏来日予定であり、プレシーズンマッチで対戦するのがこの浦和レッズだ。ボスの在籍は2ndステージからということで阿部とは4カ月ほどしかプレーしていない計算になるが、両者の間にどんなやり取りがあるのか注目だ。

 なお、1999年当時の千葉には北海道コンサドーレ札幌で社長を務める野々村芳和氏や元日本代表FW武田修宏らがいる。

(記事提供:Qoly)

関連記事(外部サイト)