イラク戦では勝利に導くプレーを…乾「押せ押せムードで無得点は課題」

イラク戦では勝利に導くプレーを…乾「押せ押せムードで無得点は課題」

現地イランでの初練習に臨んだ乾貴士(左)[写真]=元川悦子

 日本代表は9日、2018 FIFAワールドカップロシア?アジア最終予選のイラク代表戦が行われるイラン・テヘランに入り、夕方から現地で初練習を行った。

 乾貴士(エイバル)は練習後、7日に行われたキリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦を振り返り、「自分が入ってからは結構、押せ押せムードでできていたのに得点が入らなかったのは、やっぱり自分としても課題」と改めて反省。「そこ(得点)にこだわらないといけないし、次のイラク戦でそれができれば一番だと思う」と意気込んだ。

 シリア戦は得点が求められる局面で途中出場し、ドリブルやチャンスメイクで日本に勢いをもたらしたものの、試合は引き分けに終わった。次は13日に行われる“本番”のイラク戦。勝利へ導くプレーに期待がかかると同時に、どんなタイミングで出場してもより冷静さが求められる。乾も「1−0で勝っていれば、無理をするよりもまずはいろいろ落ち着かせたりもしないといけないと思いますし、試合のコントロールも大事になってくると思う。いろんなことが考えられるので、まずは試合状況を読まないといけない」と試合を見据えた。

関連記事(外部サイト)