G・ジェズス、眼窩底骨折でブラジル代表を離脱…アルゼンチン戦で同僚オタメンディと衝突

G・ジェズス、眼窩底骨折でブラジル代表を離脱…アルゼンチン戦で同僚オタメンディと衝突

アルゼンチン戦で負傷したガブリエウ・ジェズス [写真]=Getty Images

 FWガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C)が、眼窩底骨折でブラジル代表から離脱することが決定した。

 ガブリエウ・ジェズスは、9日にオーストラリアで行なわれたアルゼンチン代表との親善試合で先発出場。試合終了間際、マンチェスター・Cで同僚のDFニコラス・オタメンディの肘が顔面に入り、そのまま負傷退場していた。検査の結果、左眼窩底骨折と診断され、ブラジル代表から離脱することが発表された。なお、詳しい全治などは発表されていない。

 ブラジル代表は13日、オーストラリア代表と対戦する。ガブリエウ・ジェズスの離脱に伴う追加招集は行わない予定で、ブラジルメディア『グローボ』はFWジエゴ・ソウザ(スポルチ)が代役を務めるだろうと伝えている。

関連記事(外部サイト)