C・ロナウドが代表戦で“神対応”…ピッチ乱入の少年を優しくハグ

C・ロナウドが代表戦で“神対応”…ピッチ乱入の少年を優しくハグ

ピッチに乱入した少年をハグするC・ロナウド [写真]=UEFA via Getty Images

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/スペイン)が試合中にピッチへ乱入してきた少年に対してとった行動が、話題となっている。スペイン紙『マルカ』が10日付で伝えた。

 同代表は、9日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選でラトビア代表と対戦。C・ロナウドもキャプテンとして先発出場した。すると、ポルトガルが3−0として迎えた90分に予想外の事態が発生する。

 突如、1人のラトビア人の少年がピッチへ乱入。C・ロナウドのもとへと駆け寄る。すると、C・ロナウドはこの少年にハグ。さらに少年の頭をポンポンと優しくなで、笑顔を見せた。ほどなくしてこの少年は警備員とともにピッチを去ることになったが、スーパースターとのハグという貴重な経験を得た。

 同紙はこのシーンについて「1人の地元の少年は、彼のヒーローであるC・ロナウドと抱き合うことができたから、0−3という結果にもあまり失望していないだろう」と伝えている。

 なお、C・ロナウドはこの試合で2得点を挙げる活躍を見せ、チームもそのまま3−0で勝利した。

関連記事(外部サイト)