イタリアがPK戦の末にウルグアイ撃破、史上初の3位に輝く/U−20W杯

イタリアがPK戦の末にウルグアイ撃破、史上初の3位に輝く/U−20W杯

PK戦を制して3位に輝いたイタリア [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

 FIFA U−20ワールドカップ韓国2017の3位決定戦が11日に行われ、U−20ウルグアイ代表とU−20イタリア代表が対戦した。

 最初にチャンスを作ったのはイタリア。17分、右サイドからクロスが入ると、ファーで完全にフリーとなったジュゼッペ・パニコが右足ダイレクトで合わせる。しかし、シュートはGKに阻まれてしまった。

 一方のウルグアイ32分、ロドリゴ・アマラウがドリブルを仕掛けると、ペナルティエリア手前にこぼれたボールをロドリゴ・ベンタンクールが右足で狙ったが、ここは枠の上に外れてしまった。

 後半に入り55分、ウルグアイは右からのグラウンダーの折り返しをファーに走り込んだホアキン・アルダイスが左足で狙う。だが、GKの好セーブに阻まれ得点とはならなかった。

 イタリアは59分、エリア内左でパスを受けたパニコが右足のシュートをゴール右上に蹴り込んだが、惜しくもオフサイドの判定だった。その後はウルグアイが優位に試合を進めたがスコアは動かず、決着はPK戦に委ねられることとなった。

 PK戦ではウルグアイの2人目、3人目が連続して失敗したのに対し、イタリアは4人連続で成功。この結果、イタリアが4−1でPK戦を制し、同国史上初の大会3位に輝いた。

【スコア】
U−20ウルグアイ代表 0−0(PK:1−4) U−20イタリア代表

関連記事(外部サイト)