「暑さは慣れない」…猛暑に苦しむ今野「90分戦えるようにしないと」

「暑さは慣れない」…猛暑に苦しむ今野「90分戦えるようにしないと」

シリア戦で同点ゴールを決めた今野泰幸 [写真]=兼子愼一郎

 日本代表は11日、2018 FIFAワールドカップロシア?アジア最終予選のイラク代表戦に向けて、試合開催地のイラン・テヘランで3日目の練習を行った。

 7日のシリア戦で同点ゴールを決めたMF今野泰幸(ガンバ大阪)は、「自分ではわかんないですよ、周りの人が判断するんで。とにかく一生懸命やっているだけなんで」と謙虚に振り返った。

 だが、“仮想・イラク”戦は1−1のドローで勝ち切れなかった。「みんなで高い位置で奪うのが少なかった」と指摘する今野は、「そのへんを少し修正して、しっかりブロックを作ってからいくときと、取られた時は切り替えてやっていこうというトレーニングはしています」と本番への準備を明かした。

 この日の練習中の気温も37度近くに上り、イラク戦も猛暑の中での戦いが予想される。「暑さは慣れないですよ」と苦しむ今野だが、「中盤だけじゃなくて、チーム全体で戦い続けないと勝利はなかなか転がり込んでこない。なるべく90分戦えるようにしないといけない」と覚悟を口にし、「かなり激しい試合になると思う。シリアもかなり激しく強かったけど、そのシリアより球際が激しいという情報だから」と警戒を強めた。

関連記事(外部サイト)