鹿児島、DF冨成慎司が右膝前十字靭帯断裂…全治8カ月

鹿児島、DF冨成慎司が右膝前十字靭帯断裂…全治8カ月

今季9試合に出場していた冨成 [写真]=KAGOSHIMA UNITED FC

 鹿児島ユナイテッドFCは12日、DF冨成慎司が右膝前十字靭帯断裂と診断されたことを発表した。

 同選手は4日の明治安田生命J3リーグ第11節ガイナーレ鳥取戦で負傷。5日に鹿児島市内の病院で検査を受けた結果、全治には8カ月かかると見られている。

 同選手は今季ここまで9試合に出場し、1得点をマーク。鹿児島は11試合を終え、6勝5敗の勝ち点「18」で6位につけており、次節は4位の栃木SCと対戦する。

関連記事(外部サイト)