町田に痛手、FW戸島章が右ひざ負傷で離脱…全治約8週間と診断

町田に痛手、FW戸島章が右ひざ負傷で離脱…全治約8週間と診断

右ひざの負傷で離脱を強いられることとなった町田FW戸島章 [写真]=Getty Images for DAZN

 FC町田ゼルビアは12日、FW戸島章が右ひざ内側側副じん帯損傷と診断されたことを発表した。全治約8週間を要する見込み。

 町田の発表によると、戸島は8日のトレーニングで負傷した。同選手は今季、明治安田生命J2リーグで第17節まで全試合に出場(3ゴール)していたが、11日に行われた第18節の京都サンガF.C.戦は欠場していた。

 戸島は1991年生まれの25歳。成立学園出身で、2010年にジェフユナイテッド千葉へ加入した。藤枝MYFCへの期限付き移籍も経験した後、2015年から町田でプレー。翌2016年に完全移籍へ移行した。今季は開幕から試合出場を続けていたが、離脱を強いられることとなってしまった。

 町田は明治安田生命J2リーグ第18節を終えて5勝7分け6敗の勝ち点「22」で17位。次節は17日、V・ファーレン長崎とのアウェイゲームに臨む。

関連記事(外部サイト)