イスコ、レアル残留へ…契約延長を示唆「ここに何年もいたい」

イスコ、レアル残留へ…契約延長を示唆「ここに何年もいたい」

レアルとの契約延長が迫っているとほのめかしたイスコ [写真]=TF-Images/Getty Images

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表MFイスコが、同クラブとの契約延長に近づいていることを示唆した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に報じている。

 来シーズン終了後にレアル・マドリードとの現行契約が満了を迎えるため、今夏の移籍市場における去就に注目が集まっているイスコ。今シーズン序盤はジネディーヌ・ジダン監督の信頼を得られたとは言えず、退団の可能性を取り沙汰されていた。しかしシーズン後半には巻き返し、今月3日に行われたユヴェントスとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝でも先発メンバー入りを果たすなど、タイトルの懸かった重要な局面で活躍を見せた。

 報道によると、イスコはスペインのテレビ局に対して「自分はマドリードでとても幸せだ。ここに何年もいたい。今は(契約が)1年残っているけど、僕たちはそれに近づいているよ…」と、契約延長に迫っていることを示唆している。

 イスコは現在25歳。今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは全38試合中30試合に出場(先発は18試合)し、10ゴールを記録した。

関連記事(外部サイト)