UEFA、CLとELで計5部門の個人賞を新設…監督とメディアが投票

UEFA、CLとELで計5部門の個人賞を新設…監督とメディアが投票

レアルが史上初の連覇を果たしたCLでは、個人賞4部門が新設された [写真]=UEFA via Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)は13日、チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)における個人賞を新たに5部門創設すると発表した。公式HP『UEFA.com』が伝えている。

 UEFAの発表によると「2016−17シーズンにUEFA主催クラブ大会で活躍した選手たちの功績を称えることを目的」とし、新たに5部門の個人賞を制定するという。既存の男子および女子のUEFA年間最優秀選手賞とともに、8月末にモナコで受賞者に手渡される。

 新設された個人賞は以下のとおり。投票者は、2016−17シーズンのCL、ELのグループステージに出場したクラブの監督、さらに欧州スポーツメディア(ESM)グループがUEFA加盟各協会から1人ずつ選んだ55人のジャーナリストで構成される。監督については、自らが率いるチームの選手に投票することが禁じられている。

・2016−17シーズンのCL最優秀GK賞
・2016−17シーズンのCL最優秀DF賞
・2016−17シーズンのCL最優秀MF賞
・2016−17シーズンのCL最優秀アタッカー賞

(以上4賞は8月24日に行われるCLグループステージの組み合わせ抽選会で贈呈される)

・2016−17シーズンのEL最優秀選手賞
(8月25日に行われるELグループステージの組み合わせ抽選会で贈呈される)

 なお、新設された5部門の個人賞は8月4日に候補者が発表される予定となっている。

関連記事(外部サイト)