広島の川崎裕大、左ハムストリングス筋損傷で離脱…サテライトLで負傷

広島の川崎裕大、左ハムストリングス筋損傷で離脱…サテライトLで負傷

サンフレッチェ広島が川崎裕大の負傷を発表した

 サンフレッチェ広島は13日、DF川崎裕大が左ハムストリングス筋損傷と診断されたことを発表した。全治約6週間を要する見込み。川崎は10日に行われたJサテライトリーグの清水エスパルス戦で負傷した。

 川崎は1992年生まれの24歳。成立学園高校から流通経済大学へ進学し、2015年から広島でプレーしている。加入3年目を迎えた今季、3月15日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第1節のヴァンフォーレ甲府戦で公式戦初出場を果たした。明治安田生命J1リーグでの出場機会は得られていないが、JリーグYBCルヴァンカップではグループステージ全6試合に出場している。

 広島は明治安田生命J1リーグ第14節を終えて2勝4分け8敗、勝ち点「10」で16位に沈んでいる。次節は17日、敵地で川崎フロンターレと対戦する。

関連記事(外部サイト)