日本のプレーオフ以上が確定…トップ3は勝ち点差1で混戦/アジア最終予選B組

日本のプレーオフ以上が確定…トップ3は勝ち点差1で混戦/アジア最終予選B組

日本はイラクと引き分けに終わった [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選グループB第8戦の2試合が13日に行われた。

 首位の日本代表は中立地イランで5位のイラク代表と対戦。開始8分に大迫勇也のゴールで先制したが、72分にマフディ・カミルに同点ゴールを喫し、1−1の引き分けで終わった。



 4位につけるUAE(アラブ首長国連邦)代表は敵地で最下位のタイ代表と対戦。69分にモンコン・トサクライの得点でタイに先制を許したが、後半アディショナルタイム3分にアリー・マブフートの同点ゴールで劇的ドローに持ち込み、トップ3入りにわずかな希望をつないだ。



 この結果、勝ち点「17」に伸ばした日本は、残り2試合で4位UAEとの差が「7」となり、3位以内/プレーオフ進出以上が確定。次のオーストラリア戦に勝利すれば、6大会連続のW杯出場が決まる。

 なお、3位のオーストラリア代表と2位のサウジアラビア代表は8日に対戦。オーストラリアが3−2で勝利を収め、勝ち点16でサウジアラビアと並んでおり、上位3チームが勝ち点差「1」で大混戦となっている。



■第8戦結果
オーストラリア 3−2 サウジアラビア
タイ 1−1 UAE
イラク 1−1 日本

■グループB順位表
1位 日本(勝ち点17/得失点差9/得点15)
2位 サウジアラビア(勝ち点16/得失点差7/得点15)
==========W杯出場権獲得==========
3位 オーストラリア(勝ち点16/得失点差6/得点14)
========アジアプレーオフ進出=========
4位 UAE(勝ち点10/得失点差−3/得点8)
5位 イラク(勝ち点5/得失点差−3/得点8)
6位 タイ(勝ち点2/得失点差−16/得点4)

■第9戦対戦カード(8月31日)
タイ vs イラク
UAE vs サウジアラビア
日本 vs オーストラリア

関連記事(外部サイト)