「誤解を招きたくないけど」…本田が明かす問題点「半分の力しか出せない選手もいる」

【W杯アジア最終予選】本田圭佑が、若手はハリルホジッチ監督の要求を聞きすぎと指摘

記事まとめ

  • W杯アジア最終予選で、日本は大迫勇也のゴールで先制したが追いつかれドローとなった
  • 本田圭佑はある程度狙うプレーができたと話す一方、チャンスを作りたかったと悔やんだ
  • また、本田圭佑は、若手はハリル監督の要求を聞きすぎ力を発揮できていないと指摘した

「誤解を招きたくないけど」…本田が明かす問題点「半分の力しか出せない選手もいる」

「誤解を招きたくないけど」…本田が明かす問題点「半分の力しか出せない選手もいる」

5試合ぶりの先発出場となった本田圭佑 [写真]=Getty Images

 イラク代表との重要な一戦を引き分けで終え、本田圭佑は「悔しいです」というコメントを残すと同時に、ある問題点を挙げた。

 13日、日本代表は2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選第8節でイラクと対戦。開始8分に大迫勇也のゴールで先制した日本だったが、72分にミスから失点を喫し、このまま1−1で引き分けた。この結果、W杯出場に王手こそかけたものの、サウジアラビア代表、オーストラリア代表との勝ち点差はわずか「1」となった。

 31歳の誕生日当日に5試合ぶりとなる先発出場を果たした本田は、CKから大迫の先制点をアシストしたほか、右サイドで攻撃の起点となるシーンも作ったが、勝利には結びつかなかった。

 本田は「相手のサイドバックも嫌がっていましたし、(ボールを)落ち着かせるという点では問題なかったです」と、ある程度狙い通りのプレーができていたと話した一方、「アタッキングサードに入ってからのチームの意識っていうのは、満足はしていないですね」と言及。「非常に悔しかったです。もう少しチャンス作りたかったですね」と、相手ゴールに近い位置で、チームとして効果的なプレーができなかった点を悔やんだ。

 そして、「変な誤解を招くし、あまり喋りたくはないけど」と前置きした上で、「当然ながら監督がやりたいサッカーはしっかりとあって、それをストレートに伝える人なんで、若い選手は聞きすぎてしまうっていうところですね。うまく消化し切れていない」

「監督が(自由にやっていいと)言っているんですけど、どうしてもそこの整理をうまくできずに、こういう大事な試合で自分の持っている力の半分くらいしか出せない選手も実際にはいるわけで、それっていうのはまさに技術的な問題ではなくて、精神的な問題です」と、指揮官の要求を意識しすぎるあまり、本来の力を発揮できていない選手がいるとの見解を示した。

関連記事(外部サイト)