MFヴェラッティ、バルサへの移籍を熱望 今夏のクラブ退団を決断か 

MFヴェラッティ、バルサへの移籍を熱望 今夏のクラブ退団を決断か 

今夏の退団が有力視されるヴェラッティ [写真]=Icon Sport

 パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティについて、バルセロナへ移籍する可能性が高まっている。13日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 クラブとの契約が2021年6月までとなっているヴェラッティ。今夏の退団を望む同選手を巡っては、バルセロナやユヴェントスなどの強豪クラブが関心を寄せている。

 今回の報道によると、ヴェラッティはバルセロナへの移籍を希望しているという。同選手は母国でのプレーを考えておらず、スペイン行きを熱望しているようだ。クラブ側は放出を認めていないが、本人は今夏の退団を決断したと報じられている。

 ヴェラッティの代理人は「この件はとても複雑だ。だが、我々はクラブにはっきりと意向を述べている。それはバルセロナかどうかに関してではなく、今後の計画についてだ」と語り、退団の可能性を示唆していた。大金を準備中と伝えられたバルセロナへの移籍は実現するのか、同選手の動向に注目が集まっている。

関連記事(外部サイト)