レアル、脱税疑惑のC・ロナウドへの信頼強調「絶対的確信を持っている」

レアル、脱税疑惑のC・ロナウドへの信頼強調「絶対的確信を持っている」

レアルがC・ロナウドへの信頼を強調する声明を発表した [写真]=NurPhoto via Getty Images

 レアル・マドリードは14日、脱税の疑いがかけられている同クラブ所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて、公式サイトで声明を発表した。

 C・ロナウドに対しては5月に脱税疑惑が浮上。その後、2011年から2014年にかけて1470万ユーロ(約18億円)を脱税したとの疑いがかけられ、スペイン検察庁が訴訟を起こすと報じられている。

 これを受け、レアル・マドリードが声明を発表。クラブは「納税義務の遂行に関して、法律に基づき行動してきたと理解している私たちの選手C・ロナウドに絶対の信頼を置いています」と主張し、「C・ロナウドは2009年7月のレアル・マドリード入団以降、常にすべての納税義務の遂行するための明確な意思を示してきました」と続けた。

 そして「C・ロナウドがこの過程で完全な無実を証明することに絶対的確信を持っています。できるだけ早くC・ロナウドの無実が証明されるために、裁判が可能な限り迅速に行われることを願います」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)